住宅リフォーム「増税」について

2019年10月1日より消費税の増税が予定されています。

住宅リフォーム工事の費用は増税対象です。
増税ラインは、工事完了(※お引き渡し)時点になります。
従って2019年9月30日までに工事が完了した場合は税8%、2019年10月1日以降に工事が完了した場合は税10%となります。


増税前に住宅リフォーム工事を希望している場合でも、天候や納品期日などにより工事の遅れも考えられます。その場合でも2019年10月1日以降に工事が完了する場合には、10%の税率が適用されてしまいます。
(※工事期間に注意が必要です。)


ただし、住宅の新築や大規模リノベーション・修繕は工事期間が長期の為、2019年4月1日までに工事請負契約者様は、経過措置が適用されます。工事完了(お引き渡し)が10月1日を過ぎてしまっても消費税率は8%のままとなります。


今年は増税年であり、とくに8月・9月は駆け込みリフォームが予想されます。
住宅リフォーム・リノベーションは税率が数%であっても大きな金額の差となります。

ぜひこの機会に、お早めにご検討頂ければ思います。